ルンバは暮らしを良くできる道具

インベス豚です。

 

最近暮らしを良くできるものにハマっています。

一番のお気に入りはルンバです。

ルンバを使うメリット

豚にとってルンバのメリットは、掃除機をかける時間がほとんど無くなること、きれいな空間を維持できるストレス軽減の2つです。

以前は掃除機をマメにかけていたが、ルンバを買ってからはほとんど掃除機を使わなくなりました。

豚がいない間にきれいになっているので、毎日気持ちよく過ごせます。

仕事から帰ってきて床にホコリが落ちてたらテンションが下がります。

仕事から帰ってきて掃除機をかけなきゃいけないとストレスになります。

価格は高いですが、本当に買ってよかったと思える道具でした。

使ってるルンバは960と980

1Fは960を使っており、買ってから約2年になります。

2Fは980を使っており、最近買い替えました。

2Fは以前e5を使っていました。

1F、2Fとも、週に4回、1時間/回みっちりと掃除してくれ、掃除機は週に1回階段掃除だけです。

ルンバe5を買い替えた理由

おバカな子で掃除に時間はかかる

ゴミは取れていない

ホームベースまで帰れず途中で死んでる

と豚小屋には合わなかったので980へ買い替えました。

こんなことなら最初からルンバ980を買っておけばよかったですね。

ルンバ980、960と、e5の大きな違いはiAdaptの有無です。

iAdapt 2.0 とは

ルンバ本体に搭載されたカメラとフロアトラッキングセンサーなどの多彩なセンサーにより、フロア全体をナビゲーション。
ルンバ自身が今どこにいるのか、部屋のどこがまだ清掃されていないのかを高精度に判断します。
清掃できる面積は最大112畳。リビングやキッチン、寝室をはじめ、入り組んだ廊下や家具の下まで、すべての部屋をすみずみまで清掃します。稼働時間内なら清掃可能な部屋数に制限はありません。

iROBOT HPより

iAdaptがある980、960は、効率よく部屋の隅々まで掃除ができます。

e5はiAdaptがないので、効率よい掃除ができていませんでした。

最近はもっと良いルンバがある

i7シリーズが新しく出て、iAdapt 3.0になったようです。

iAdapt 3.0とは

部屋の環境を学習、記憶

ルンバが部屋の状況を学習して記憶するので、リビングルームからキッチンへのルートなども賢く判断。どの部屋をいつ掃除するかも、自在にコントロールできます

学習・記憶機能が追加され、これまでよりも更に効率良く掃除ができるようになったようです。

また、記憶機能を使うことで、進入禁止エリアの設定をスマホ上でできます。

こりゃすごいですね。

是非ともほしいですが、もう少し安くなるまで我慢します。

ルンバは買って損はない。でもiAdapt機能が付いてる機種を選びましょう。

豚のおすすめはiAdapt機能が付いてる機種です。

買って後悔しないように、ルンバを買うならiAdapt機能が付いてる機種がいいですよ!